プログラムの基礎について

 
プログラムの基礎について
プログラムの基礎について

Cについて解説していきます。
基本的な構造は、下になるようです。

#<stdio.hを含めてください>
メイン(){
モデル
機能
}
外側の機能{
機能の内容
}
見られることができるように、むしろ全くより少ないです。そして、入っているものは単純です。
下記の構造の論評を書いたので、よくそれを理解してください。
重要なことは、難しいプログラムがこれを保護する方法ができるということです。

include「プログラムを記述する使用への機能」を使うのに必要である文です。
コンピュータは、機能の定義によって、検査でカンニングをします。
#includeとしてそれを書きます 徴候機能printfを使うこと。
そして<のstdio.hと呼ばれているページ以外のPC> 「少しもprintf機能だったっけな〜.」 ああ! それが、これです?Iは、とイチイチを勉強します。
点hのファイルは、ヘッダファイルと呼ばれています。
stdio.hは標準入力です、そして、スタンほこりコースによる出力は出力を入力しました。v
「ブレースの内部は、プログラム文です」とき、メインはPCに教える語です。
メイン(この括弧)の広いにかっこがありますねを費すものがあります。
しかし、しばしばある必要はありません。 忘れないように。
 
プログラマー基礎知識
IT関連最新情報